当たり前の日常こそが宝物

 

私たちの日常には、当たり前のことがたくさんあります。

朝起きて、顔を洗って、ご飯を食べて、仕事や学校に行って、帰ってきて、ご飯を食べて、寝る。

毎日同じことの繰り返しで、何気なく過ごしてしまっているのではないでしょうか。

しかし、そんな当たり前の日常こそが、かけがえのない宝物なのです。

当たり前の日常が当たり前でなくなるとき

当たり前の日常が当たり前でなくなるとき、初めてその大切さに気づくことがあります。

例えば、仕事や学校で体調を崩して、休まざるを得なくなったとき。

普段は当たり前にできていたことを、思うようにできなくなり、そのありがたみを実感するのです。

また、大切な人が亡くなったときも、同じように感じます。

その人が当たり前にそこにいてくれることが、いかに幸せなことだったのか、初めて気づくのです。

当たり前の日常を大切にする

当たり前の日常を大切にするために、まずはそのことに気づくことが大切です。

普段の生活の中で、当たり前だと思っていることを、一度立ち止まって考えてみてください。

そして、その当たり前のことに感謝の気持ちを持つようにしましょう。

例えば、

・朝起きて、息ができること

・家族や友人に会えること

・おいしいものを食べられること

・好きなことに没頭できること

など、当たり前だと思っていることに、一つひとつ感謝の気持ちを持つようにしましょう。

そうすることで、当たり前の日常の素晴らしさに気づき、より大切にすることができるようになるでしょう。

当たり前の日常を豊かにする

当たり前の日常を豊かにするために、できることはたくさんあります。

例えば、

・家族や友人と過ごす時間を大切にする

・趣味や好きなことに没頭する

・自然の中で過ごす

など、自分なりの楽しみを見つけて、日常に彩りを添えてみましょう。

また、日々の生活の中で、ちょっとした心遣いをするだけでも、日常を豊かにすることができます。

例えば、

・家族や友人に感謝の気持ちを伝える

・困っている人に手を差し伸べる

・笑顔で過ごす

など、小さなことでもいいので、心遣いを実践してみましょう。

当たり前の日常は、いつも私たちに寄り添い、支えてくれます。

そんな当たり前の日常を、大切にしながら、豊かに過ごしていきたいですね。

 

 

 

ランキング参加中です!

ポチッとお願いします!!