お肌のゴールデンタイムはウソなの?

「お肌のゴールデンタイム」とは、夜22時から深夜2時までの4時間を指す言葉です。この時間帯は、成長ホルモンの分泌が最も活発になるため、肌のターンオーバーが促進され、美肌づくりに効果的であるとされています。

しかし、最近では「お肌のゴールデンタイムは入眠から3~4時間」という説も一般的になってきています。

そこで今回は、お肌のゴールデンタイムに関する最新情報をもとに、22時~2時がゴールデンタイムであるという説が本当なのか、検証してみたいと思います。

まず、成長ホルモンと睡眠の関係について整理しておきましょう。

成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されるホルモンの一種で、骨や筋肉の発育、細胞の修復、免疫力の向上など、さまざまな働きがあります。

成長ホルモンは、睡眠中に最も多く分泌されます。特に、入眠から3~4時間の深い睡眠のタイミングで、大量の成長ホルモンが分泌されます。

それでは、お肌のゴールデンタイムが22時~2時であるという説について、検証していきましょう。

この説の根拠は、夜22時~2時頃に成長ホルモンの分泌がピークに達するという研究結果です。しかし、この研究結果は、あくまでも平均的な結果です。

実際には、個人差や生活習慣によって、成長ホルモンの分泌タイミングは大きく異なります。

例えば、就寝時間が早い人は、遅い人に比べて、より多くの成長ホルモンを分泌する傾向があります。

また、睡眠の質によっても、成長ホルモンの分泌量は大きく異なります。深い睡眠をとることができれば、成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。

以上のことから、22時~2時が必ずしもゴールデンタイムであるとは言い切れません。

むしろ、入眠から3~4時間の深い睡眠をとることが、美肌づくりのために重要であると言えるのではないでしょうか。

また、成長ホルモンは、肌のターンオーバーを促進する働きがありますが、肌のターンオーバーは、睡眠時間の長さよりも、睡眠の質の方が大きく影響します。

つまり、睡眠の質を重視して、深い睡眠をとることが、美肌づくりのために重要であるといえます。

まとめ

このように、お肌のゴールデンタイムは、22時~2時であるとは限らないということがわかりました。

美肌づくりのために大切なのは、入眠から3~4時間の深い睡眠をとることです。また、良質な睡眠をとることで、美肌づくりに役立てましょう。

 

 

 

 

ランキングに参加中です!

ポチッとお願いします!!