裏金キックバック疑惑③

自民党最大派閥の「清和政策研究会」(安倍派)が政治資金パーティー収入の一部を裏金化していたとみられる問題で、派閥から直近5年間で5千万円超~4千万円超の裏金のキックバック(還流)を受けた疑いがある所属議員が3人いることが、関係者への取材でわかった。金額としては最大規模とみられ、いずれも自身の政治団体政治資金収支報告書に収入として記載していないという。
3人のうち、大野泰正参院議員が5千万円超、池田佳隆衆院議員と谷川弥一衆院議員が各4千万円超を受け取ったとみられる。東京地検特捜部も3人の資金の流れを把握している模様だ。

 

 

👆👆👆

はぁ~

今回の裏金キックバック事件は、記録の残らない金を作り出す自民党錬金術ですか?収支報告書にあえて記載しない形で巨額の裏金を長年形成し、これが何に使われてきたか。それを明らかにして欲しいですね。
国民がやった事とは訳が違うし、見本となるべき議員様達がこんな事やってるなんて、議員辞職で済む話ではない・・・刑務所へ行ってください。

 

 

 

ランキング参加中です!

ポチッとお願いします!!