ブロッコリーが「指定野菜」に!

なぜブロッコリーが指定野菜に?

2024年1月22日、農林水産省が2026年よりブロッコリーを「指定野菜」に追加する方針であると発表しました。

ブロッコリーは、緑黄色野菜の中でも特に栄養価が高く、ビタミンCやカルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。また、抗酸化作用や免疫力の向上にも効果があるとされるスルフォラファンという成分も多く含まれています。このように、ブロッコリーは健康に良い野菜として知られています。

指定野菜とは何か?

「指定野菜」とは、国が定めた基準に基づいて、消費量が多く国民生活上の重要性が高い品目として位置づける制度です。

これまでに、キャベツ・きゅうり・さといも・だいこん・たまねぎ・トマト・なす・にんじん・ねぎ・はくさい・じゃがいも・ピーマン・ほうれんそう・レタスの合計14品目の野菜が指定されています。

ここに2026年度から、ブロッコリーも加わることになりました。

 

[スポンサーリンク]

 

ブロッコリーの保存方法と注意点

ブロッコリーは、新鮮なうちに食べるのがおすすめですが、保存する場合は、以下の方法に注意してください。

ブロッコリーの鮮度を見分ける方法

全体に緑色が濃く、蕾が密集していて硬く引き締まっているものがおすすめです。また、花蕾の形がこんもりとしていて、中央部が盛り上がっているものを選びましょう。 鮮度が落ちやすいので、劣化を防ぐため茎がしっかり残っているものがおすすめです。さらに、切り口がみずみずしく、色が黒ずんでいないもの、茎に空洞などがないものが新鮮です。

冷蔵庫での保存方法

ブロッコリーは、水分が多い野菜なので、冷蔵庫で保存する場合は、ラップやビニール袋に入れずに、新聞紙などで包んで野菜室に入れます。ラップやビニール袋に入れると、水分が蒸れて傷みやすくなります。また、切り分けたブロッコリーは、空気に触れると酸化して栄養価が低下するので、できるだけ丸ごと保存しましょう。冷蔵庫での保存期間は、2~3日程度です。

冷凍庫での保存方法

ブロッコリーは、冷凍庫で保存することもできます。その場合は、以下の手順に従ってください。

  1. ブロッコリーを小房に分けて、茎の部分を斜めに切り落とします。
  2. ブロッコリーを熱湯にさっとくぐらせて、色止めをします。茎の部分は、花蕾の部分よりも長めに茹でます。
  3. 氷水にとって、水気をしっかり切ります。
  4. ブロッコリージップロックなどの保存袋に入れて、空気を抜いて冷凍庫に入れます。

冷凍庫での保存期間は、約1ヶ月程度です。解凍するときは、自然解凍せずに、冷凍のまま調理します。

ブロッコリーの食べ過ぎに注意!

ブロッコリーは、栄養価が高くて健康に良い野菜ですが、食べ過ぎると、逆に体に悪影響を及ぼすことがあります。以下の点に注意して、適度な量を摂取しましょう。

ブロッコリーの摂取量の目安とバランスのとり方

ブロッコリーの摂取量の目安は、1日に1~2株程度です。 これは、指定野菜の中でもブロッコリーが特に多くのスルフォラファンを含むためです。スルフォラファンは、抗酸化作用や免疫力の向上に効果があるとされる成分ですが、過剰に摂取すると、甲状腺の機能を低下させたり、胃腸の不快感を引き起こしたりする可能性があります。

また、ブロッコリーは、ビタミンKやカルシウムなどのミネラルも多く含んでいますが、これらの栄養素は、血液の凝固に関係しています。そのため、血液をサラサラにする薬を服用している人や、腎臓の機能が低下している人は、ブロッコリーの摂取量を控える必要があります。

ブロッコリーを食べるときは、他の野菜や果物、肉や魚、穀物などとバランスよく組み合わせて、食事全体の栄養バランスを考えましょう。

ブロッコリーの楽しみ方を広げよう!

ブロッコリーは、サラダやスープ、炒め物やグラタンなど、さまざまな料理に使える万能野菜です。しかし、同じように調理すると飽きてしまうこともあります。そこで、ブロッコリーの楽しみ方を広げるために、以下のような工夫をしてみましょう。

ブロッコリーの種類と特徴

ブロッコリーは、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜です。ブロッコリーは、キャベツの一種で、イタリアで品種改良され、現在の姿になったといわれています。そのため、ブロッコリーの花や葉はキャベツにとてもよく似ています。

普段私たちが食べているのは、ブロッコリーの花蕾(からい)と呼ばれるつぼみの部分と茎で、野菜の王様とも呼ばれるほどブロッコリーは、栄養が豊富に含まれています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

まとめ

ブロッコリーは、栄養価が高くて健康に良い野菜ですが、食べ過ぎると体に悪影響を及ぼすことがあります。適度な量を摂取し、保存方法や調理方法に工夫をすることで、ブロッコリーの魅力を最大限に引き出しましょう。ブロッコリーが「指定野菜」になったのは、その価値を認められた証拠です。ぜひ、ブロッコリーを日常の食卓に取り入れて、健康的な食生活を送りましょう。

 

 

[引用サイト]

 

 

 

ランキング参加中です!

ポチッとお願いします!!