さりげなく出るひとことは、相手の心に刺さる

さりげないひとことは、なぜ心に響くのか?

私たちは、日々、多くの人と関わりながら生きています。その中で、相手に伝えたい言葉や気持ちはあるのに、なかなかうまく伝えられないことがありますよね。

そんなときに、さりげなく出たひとことによって、相手との距離が縮まったり、相手を喜ばせたりすることができることがあります。

なぜ、さりげないひとことは、相手の心に響くのでしょうか?

その理由は、以下の2つが考えられます。

・ 相手を思って、自然と出た言葉だから

さりげないひとことは、相手を思って、自然と出た言葉です。そのため、相手に嘘や偽りがないと感じ、心が動くのです。

例えば、仕事でミスをしてしまった部下に対して、上司が「大丈夫だよ」と声をかけたとします。このとき、上司が「大丈夫だよ」と言ったことに、部下は安心感や信頼感を抱くでしょう。

・ 相手をよく見ていることがわかる言葉だから

さりげないひとことは、相手をよく見ていることがわかる言葉です。そのため、相手に自分のことを大切にしてもらっていると感じ、心が温まるのです。

例えば、友人が新しい髪型にしたとき、「その髪型、似合ってるね」と声をかけたとします。このとき、友人は「自分のことをよく見てくれてるんだな」と感じ、嬉しくなるでしょう。

・ さりげなく出るひとこと、具体的にはどんな言葉?

さりげなく出るひとことには、具体的にどのような言葉があるのでしょうか?

以下に、いくつかの例を挙げてみます。

・ 感謝の言葉

相手が自分にしてくれたことに対して、感謝の気持ちを伝える言葉です。

例えば、「いつもご飯を作ってくれてありがとう」「いつも話を聞いてくれてありがとう」など、相手が喜ぶ言葉を選んで伝えてみましょう。

・ 励ましの言葉

相手が困っているときや、落ち込んでいるときに、励ましの言葉をかけてあげましょう。

例えば、「大丈夫だよ」「きっとうまくいくよ」など、相手を勇気づける言葉を選んで伝えましょう。

・ 褒め言葉

相手を褒める言葉は、相手を喜ばせ、自信をつけさせる効果があります。

例えば、「その服、似合ってるね」「最近、仕事がんばってるね」など、相手が嬉しくなるような言葉を選んで伝えましょう。

・ 思いやりのある言葉

相手を思いやる言葉は、相手に安心感や信頼感を与えます。

例えば、「体調悪いの?」「何かあったら言ってね」など、相手を気遣う言葉を選んで伝えましょう。

・ タイミングが大切であること

さりげないひとことだからこそ、タイミングが大切です。

相手が喜ぶタイミングで、相手を思って伝えたい言葉を贈りましょう。

まとめ

さりげないひとことは、相手の心に響くものです。

日頃から、相手を思って、自然と出た言葉を意識して伝えるようにしましょうね。

 

 

 

 

ランキング参加中です!

ポチッとお願いします!!