ここでも見れる!『俺だけレベルアップな件』

あらすじ

十数年前に異次元と現世界を結ぶ通路「ゲート」が現れた世界。ゲートの出現以降、「ハンター」と呼ばれる超常的な能力を持った覚醒者たちが出現し、ゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒して大きな対価を得ていた。

ハンターはその内なる魔力を測定することで能力や力量を測ることができ、それによってS級からE級にランク付けされ、ハンターたちを管理するハンター協会から適したダンジョン攻略が斡旋される。そして、その能力は一部例外を除き、一度覚醒すれば成長することはない。

他のハンター達から「人類最弱兵器」と嘲笑されているE級ハンターの主人公・水篠旬は、ハンターでありながら大した能力を持ち合わせておらず、他のハンターたちに付き添う形で低難易度のダンジョンに挑む度に重傷を負いながらも、母の高額な治療費を稼ぐためハンターを続けていた。

そんなある日、旬は他のハンター達と共にD級ダンジョンに挑んだ際に、隠された「高難易度の二重ダンジョン」が現れる。報酬に目がくらんだ彼らは「ボス部屋」に不用意に入り込んでしまい、3つの謎かけをしてくるカルテノン神殿の巨神像による圧倒的な攻撃によって、多くのハンター達が殲滅されてしまう。仲間たちの撤退のため一人取り残された旬は、巨神像の攻撃によって絶命したかに思われた。

ところが、知らぬ間に何らかの条件をクリアして生き残った旬は、ごく稀に起きるとされる「再覚醒」によって新たな能力を授かり、「ステータスウインドウ」が自分にだけ見えるようになる。しかし、デイリークエストを無視してしまった旬は、ペナルティーとして異世界に転移させられ、3時間モンスターの群れに追い回される羽目になる。

それ以降、デイリークエストをクリアしたり、インスタントダンジョンを攻略したり、強敵を撃破することで「自分だけがレベルアップする能力」を得た旬は、驚異的なステータスアップを遂げていき、未知のレア装備やアイテムを入手していく。

 

[スポンサーリンク]

12 Arise

12 Arise

  • 坂泰斗
Amazon

 

登場人物

水篠 旬(みずしの しゅん)

主人公

E級ハンターの中でも特に力の弱い覚醒者、他のハンターから人類最弱兵器とも呼ばれている。高難易度の二重ダンジョンで絶望と恐怖を味わい、その後「再覚醒」らしき力によって生じた「システム」による支援を受けて、発露した反骨精神から最強を目指し成長していく。

再覚醒後、背が伸びて体つきも良くなったほか、真の影の君主に昇格する。

水篠 聡子(みずしの さとこ)

旬の母

ゲートが開いてしばらくして、大気中のマナに長時間晒されることで数万人に一人に発症するという「溺水症」で倒れる。植物状態となって延命治療を続けており、その高額な治療費を支払うため旬はハンターを続けている。

水篠 葵(みずしの あおい)

旬の妹

大学受験を控えており、怪我ばかりしている兄を心配している。

観月 絵里(みづき えり)

B級ヒーラー、怪我の絶えない旬のことを心配している。

精神的に脆いところがあり、実力よりもランクの低いダンジョンに参加している。物語序盤において、二重ダンジョンの巨神像によって死にかけたことから、トラウマとなってしまう。

馬渕 勲 (まぶち いさお)

C級ハンター、旬が参加したレイドのリーダー

能力は魔法系だが、剣術に長けている。 ボス部屋に閉じ込められた際に、ボスの攻撃によって片腕を失ってしまう。

右京 隼人(うきょう はやと)

右京攻撃隊のリーダー、S級ハンターの右京将人の兄

5人の仲間たちと共に、人数合わせの下級ハンターを雇って、殺害したり見捨てることで分け前を増やしている。

諸菱 賢太(もろびし けんた)

D級ハンター、諸菱建設会長の次男

父親から買い与えられたレアな装備品を装備しているため、C級ハンターからも警戒されている。

 

[スポンサーリンク]

後藤 清臣(ごとう きよおみ)

ハンター協会会長、S級ハンター

犬飼 晃(いぬかい あきら)

監視課課長、旬の再覚醒を疑うも反応が出ず見落とす。

白川 大虎(しらかわ たいが)

白虎ギルドの社長、S級ハンター

全力を出すと理性を失い白い獣となる。

最上 真(もがみ しん)

ハンタースの代表、S級ハンター

人類最終兵器と言われている。

向坂 雫(こうさか しずく)

ハンタースの副代表、S級ハンター

右京 将人(うきょう まさと)

スカベンジャーギルド所属、S級ハンター

旬たちが兄を殺したと疑っており、復讐を誓っている。

黒須 圭介(くろす けいすけ)

死神ギルドのギルドマスター、S級ハンター

町田 堂玄(まちだ どうげん)

明星ギルドのギルドマスター、S級ハンター

「俺だけレベルアップな件」の原作を読むのであれば、コチラの電子書籍がオススメですよ!

 

 


www.youtube.com


www.youtube.com

引用:アニプレックスチャンネル

 

 

 

ランキング参加中です!

ポチッとお願いします!

人気ブログランキング
人気ブログランキング

 

トップへ戻る